トップページ > お姉さん・セレブ系注目嬢 | プレイボール | 一般投稿体験談 | 日本橋エリア > プレイボール ことねさん 30歳

プレイボール ことねさん 30歳

  • 2013-08-26 (月) 0:52

BodySize 160cm B:94cm W:78cm H:98cm

メッセージ:2013−07−04入団
敏感体質のルーキー
Date 2013年08月12日(月)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

日本橋エリアで時間ができたので、スマホ版まいど風俗ネットで店探し。

初めてのお店ではありませんが、女の子の出勤数も多かったので行ってきました。
場所はわかっていたので、日本橋北詰にあるビルの3階へ。
エレベーターを降り、受付カウンターに近づくと、
奥からスタッフさんが出てきて「こんにちはぁ」と明るく挨拶してくれます。

いつもながら、ここは
「風俗店に行く」
「怖いおい兄さんが出てきたらどうしよう」
といった緊張感を客に感じさせない、良いお店です。

「こんにちは。またまいど風俗ネット見てきちゃいました」
「はい。ありがとうございます。女の子はパネルでお選びですか?」
「はい」
「気になった娘がいれば言っていただければ、待ち時間を調べさせていただきます」。
20枚ほどのパネルを観て、すぐに目が止まったのが「ことね」さん。
可愛い雰囲気のお姉さんで、しかも、まだ入店したばかりの新人。
この人を逃す手は無いですね。
「このことねさんは?」
「30分くらいですね」
「じゃあ、ことねさんで」
「お時間は?」
「100分でお願いします」
「では、総額1万5千円になります」。
無料オプションが2点選べるので、コスチュームの
「マイクロビキニ(赤)」と「ピンクローター」をチョイス。
待合室でファミコンなどをしているうちに案内の時間に。
エレベーターで会ったことねさんは、写真と同じ可愛いおねえさんです。
ホテルに入り、
「お昼食べて、歯を磨いてないから、先に歯を磨くね」と告げる。
「お風呂はためますか?」
「あっ、シャワーでいいよ」
「はい。じゃあ、私も歯を磨きますね」。

歯を磨き、シャワー前に一旦、ベッドに座る。
「どうして歯を磨いたかわかる?」
「ご飯食べたから?」
「本当は、君と早くキスしたかったから」。

言い終わると直ぐに、キス。
そのまま、押し倒し、服の上から胸をまさぐる。
「あん。ちょっと待って」。
もちろん、そんな言葉は無視して、服を脱がし始める。
ブラをずらし、乳首に吸い付く。
「あっ、ああっ」。
腋も舐めてみる。
「あっ、だめ。汗かいたし、汚いよ」
「汚くない。美味しいよ」
「ヤダッ、恥ずかしい」。
ショーツの上からクリトリスを擦ってから、割れ目に侵入。

ニュルリ。

「あれっ、もう濡れてるよ。感じてる?」
「イヤッ、そんなこと言わないで」。

ショーツを脱がし、クンニの体勢になろうとすると、慌てて起き上がり、
「あっ、それはダメ。シャワー浴びてから」。
素直に従い、シャワーへ。

バスルームでも、シャワーを取ろうと後ろを向いたり、
ボディソープを取ろうとうつむいた瞬間に、
背後から愛撫の手を伸ばす。
クリを愛撫すると、立っているのが辛そうなほど感じてくれます。
洗ってもらってからも、愛撫を続けていると、
「ねっ、ベッド行こう」。

ベッドルーム戻ると、ことねさんがマイクロビキニを身につける。
「こんなの、ほとんど隠れてない。恥ずかしい」
「だね。でもセクシーだよ」。
紐のようなブラジャーをずらし乳首に吸い付く。
「あっ、まだ」。
左右の乳首を丹念に舐めた後は、ピンクローターの出番。

プレイボールではピンローは3種類から選べます。

この日は、小さなバイブとローターの2つに分かれているもの。
つまり、ローターでクリを刺激しながら、バイブ部を挿入できるんです。
ローターを紐ショーツの下に挟み込む。
「あっ、ああっ、気持ちいい」。
そして、バイブを挿入し、その上から正常素股のようにペニスで抑え込む。
この体勢で腰を振ると、気持ちいい。
でも、すぐにローターがずれるので、プレーが中断。
そこで、まずはことねさんを気持ちよくさせることに集中。
じっくりローターでせめながら、体を折り曲げ、舌先で乳首を転がす。
「あっ、あっ、あっ。いい、いいっ・・・いきそう」
「ん、だめだよ。いったら罰ゲームだよ」
「そんなの・・・我慢する」。
でも、愛撫を続けると、喘ぎ声が止まらなくなる。
「ほらっ、どうしたの?」
「だって、気持ちいいから」
「いきたい?」。
ことねさんがコクリと頷く。
「じゃあ、いってもいいよ」。
もう一度、ローターが当たる位置を微修正して、せめる。
「あっ、あっ、ああっ、いく、いく、いく、いくぅ」。
全身に力が入り、絶頂へ。
ことねさんが落ち着くのを待ち、せめてもらう。

仰向けに寝ると、
ことねさんが横に添い寝するような体位から乳首に吸い付いてくる。
「ここ感じる?」
「うん」
「ここは?」。
上半身を乳首からわき腹にかけて舐め、さらに内腿へ。
「わぁ、もうこんなになってる」。
いつしかペニスは完全勃起。
もう、我慢汁が垂れています。
「舐めていい?」
「お願い」。
まず睾丸の袋の裏を舐めてもらい、続いて、竿。
早く亀頭を舐めて含んでほしくて、ビクンビクンなっています。
ようやく、亀頭が温かい口の中に含まれる。
「大きい」。
若い娘はフェラと言いながら、手コキが主だったりしますが、
ことねさんのは唇と舌が主役です。
「うっ」。
気持ち良さに思わず、声が漏れる。
「気持ちいい?続けていい」
「うん」。
せめてもらいながら、手を伸ばすと、ことねさんの股間に指先が届く。
クリをまさぐると
「あっ」
と喘ぎ声が漏れ、動きが止まる。
「あれ、どうしたの?今俺がせめてもらってるんだから、ちゃんと気持ち良くしてくれなきゃ」
「だって、あなたの指が・・・」
「何にもしてないよ」。
どうやら、これまで、
ことねさんはあまりせめ好きなお客には出会ってこなかったみたいですね。
せめられると、感じてしまい、どうしたら良いのか戸惑っています。
「いつもどうやってお客さんをいかせてるの?」
「フェラや手コキとか、この間、自分でしてる人もいたし」
「素股は?」
「あまりうまくないけど、お客さんに望まれたら」
「じゃあ、素股しよう。うつ伏せになって」。
ペタンとうつ伏せにし、脚の付け根にペニスを挿入。
「あっ」
「ん?どうしたの」
「あそこが擦れるから」
「でも、大丈夫でしょ」
「はい」
「じゃあ、動くよ」。
「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」。
腰を振ると、ことねさんが喘ぐ。
「あっ、ああっ。あなたは気持ちいいの?これでいける?」
「気持ちいいよ」
「私も擦れてすごい気持ちいい」。
素股だけど、ことねさんが感じてくれるので、
まるでHしてるみたいな錯覚に襲われ、性感が一気に高まる。
「このままいくと危ないから、お尻に出すよ」
「あっ、ああっ、うん」
「ああっ、気持ちいい。いきそう。いくよ、いくよ」
「私も気持ちいい」
「あぁ、いくよ。あぁ」。
いく寸前にペニスを引き抜き、お尻から背中に向けて発射。
「あっ、熱い」
「そのままじっとしててね」。
ティッシュを取り、背中にまで飛び散った精子をぬぐい取る。
「ありがとう。優しいんですね」
「シャワー浴びる?」
「大丈夫です、ありがとう」。
そのまま添い寝していると心地よい疲れで5分ほどでしょうか、寝てしまいました。
ふと起きると、ことねさんが背中から抱きかかえてくれています。
「起きたぁ。気持ち良さそうに寝てたから」
「うん、すごい熟睡できた。ねぇ、もう一度、咥えてもらっていい?」
「いいですよ」。
咥えてもらい、ことねさんの体を触っていると、再び勃起。
「あっ、また大きくなったよ。もう1回いける」
「じゃあ、俺の好きなのしてもらっていい?」
「うん、できることなら」
「添い寝してもらって、キスしながら手コキして」
「わかりました」。
自分の好みの嬢にこれされると直ぐにいっちゃうんですよね。
この日も、ものの数分で2度目の発射に成功。
「2回目なのに、いっぱい出たね」
「うん、気持ち良かったぁ」。

ことねさんは優しいお姉さんていう感じで、素人っぽいのがいいです。
是非、皆さんも一緒に楽しくて気持ちい時間を過ごしてみてくださいね。

トップページ > お姉さん・セレブ系注目嬢 | プレイボール | 一般投稿体験談 | 日本橋エリア > プレイボール ことねさん 30歳

体験談を投稿する
携帯電話でアクセス
スポンサー風俗店
新大阪秘密倶楽部
谷町人妻ゴールデン倶楽部
梅田ゴールデン倶楽部
梅田人妻秘密倶楽部
いけない奥さん
アニヒロ
クラブルーチェ
募集中
スポンサーサイト










先月度人気ランキング
クッキングママ梅田店
雄琴バリーズスパ
雄琴メンズスパ
ドゥベルダム
アニヒロ
梅田人妻秘密倶楽部
過激な生行為
雀荘 検索なら
風俗店のHP制作ならデキサイト
風俗店のHP制作ならデキサイト
男性向け高収入求人 野郎WORK
男性向け高収入求人 野郎WORK(ヤローワーク)
女性向け高収入求人 ナデシコワーク
女性向け高収入求人 ナデシコワーク
全国男性向けエステ総合情報サイトエステの達人
エステの達人

上へ戻る